「作る人」「作ってほしい人」「使う人」をすべてしあわせにするものづくりに挑戦―――開発チームレンタルを展開する株式会社mofmof・岩井さん

新規事業立ち上げのサポートをする月額制受託開発「開発チームレンタル」を主軸に事業展開するITベンチャー、株式会社mofmof。今回はそんなmofmofでエンジニアをされている岩井さんにお話を伺いました。


技術が大好きなmofmof


―――mofmofのミッションについて教えてください。

「技術が目的、ビジネスは手段」というミッションを私たちは持っています。mofmofは技術、つまりプログラミングが大好きなエンジニアが集まってできた会社です。私たちは世界を変えたいという意思で仕事をしているわけではなく、あくまで「ものづくり」を楽しもうという気持ちを第一に置いているんです。

そして、 できたものを世の中に広めて、どれだけ資金を集めることができたか?またどのくらい多くの方に使ってもらえたか?などと言った指標を用いて、私たちが作ったものの価値を測ります。 そういう意味だと、ビジネスは、「ものづくり」の振り返りの手段という訳なのです。

―――なるほど、ありがとうございます。ではmofmofでは具体的にどのような事業を展開されていますか?

はい、ではまず「開発チームレンタル」からご説明します。このサービスは新規事業の立ち上げを希望されていても、人員的なリソースが足りないというお客様からお仕事を頂いて、予約や求人などのweb上のサービスなどをゼロから一緒に作っていくというサービスです。

Webサービスに関して「デザインや仕様をもっとよくしたい」という欲求は、たぶん天井がなくならないと思うんですよ。そこで私たちは、細やかな装飾や、サービスの根幹から外れているものではなく、サービスのコアになる部分を短期間で作っていきます。Amazonのサービスで説明すると、カテゴリーやおすすめの商品などの部分ではなく、商品を検索して購入するというコアの部分を手掛けるというイメージです。コアの部分だけ作ることにより、高速で、低コストで本当にその事業やサービスに価値があるのかを確かめることができるのです。

他にも、 社内問い合わせ対応専用AIチャットボット 「My-ope office」を提供しています。例えば、社内の社員の方が、交通費や有休の申請のやり方がわからない、パソコンにログインできない、などのよくある質問や疑問を課長さんや総務の方に投げるとしますよね。大企業となると、これらを人が対応していては、大変な手間になります。そこでMy-ope officeを導入していただけると、チャットボットが手間をかけることなく、社内の問い合わせを解決していくことができるのです。

その他の事業だと、 AR×飲食店検索「meshiqoo」など最先端の技術を使った新規事業の立ち上げも積極的に行なっております。


プログラミングとの出会い


―――岩井さんがmofmofに入社されたきっかけをお聞きしたいんですが、まず岩井さんはどんな学生でしたか?

大学時代は社会学部だったので、お祭りの研究していました。 あとはテニスサークルに入部したり、ロードバイクやゲームをしたりと、 就活の時期になっても、特にやりたいことはなかったんです。とりあえずスキルが身につきそうだなと思い、前職のIT系の企業に入りました。

新卒で入った企業の研修でプログラミングにちょっとだけ触る機会があって、そこでプログラミングにどハマりしました。就職活動中には気づく事のなかった自分のやりたいことがプログラミングだとわかったんです。ですが、いざ研修を終えてみれば、プログラミングには一切触れることなく、ドキュメント業務ばかりでした。

このまま自分のしたいことをせずに働くよりも、もっとやりたいことができるところに転職するべきだと考えたときにmofmofを見つけました。そして、「技術が目的」というミッションに非常に惹かれて、入社を決めました。


人の夢を叶える仕事


―――お仕事をされていて、やりがいはどこにありますか?

そうですね、まずはプログラミングが大好きなので、プログラミングに四六時中触っていられるのは幸せです。

あとは開発チームレンタルの業務で、こういうものがあったらいいなとか、これで社会をよりよくできるとか、本気で考えているお客さんと一緒に働いて、その夢の実現をこの手でサポートできるのはとてもやりがいです。

―――そうなんですね。では、逆になにか大変なことはありますか?

私はエンジニアなんですけど、mofmofはまだまだ小さい会社なので、エンジニア業務以外の業務も必要に応じて担当しています。自分がやりたいと思っているものの、少しでも気を抜くと片手間というか、中途半端な仕事になってしまうので、綿密なスケジュール管理が必要ですね。そこが少し大変です。


プログラミングが好きな方と働きたい


―――これからどんな人と一緒に働きたいですか?

テンションが合うのがいいですね。「この言語いいよね」とか、そういう話で盛り上がれるような、そんな技術的な価値観が合う人がいいですね。

あとは裁量のある仕事なので、自分の仕事に対して、自分なりに論理的に考えて、答えを出し、実行して形にできる人。そういう方向性とかを持っている人は、成長するスピードが速いと思います。

最後に、ミッションに共感してくれる人です。技術はその人の気持ち次第で、あとからいくらでも身に付きますけど、ミッションや考えに共感してくれないとなかなか仕事が長続きしてくれないと思いますし。


まずは飛び込もう


―――就活生にメッセージをお願いします。

入社したい会社のことをネットで一生懸命調べても、わかるのは会社のごく一部の表面的なことだけだと思うんですよ。実際働いてみないとわからないことがたくさんあります。皆さんが就職してみた企業が、思っていたところとは違ったり、それで本当の自分のやりたいことなどがわかったりすることもあるかもしれません。私自身がそうでしたし。今は第二新卒の市場も盛り上がっていると思うので、ファーストキャリアは興味があるところや、何なら名前で選んでもいいと思いますから、働いてみて、今後の自分の人生に活かしていければと思います。

―――ありがとうございました。

*****

今回は、人の夢の実現という形のものづくりの、奥深さや情熱をお聞きできてとても勉強になりました。さらに自分のしてみたいことが就職してからわかるということもあると知ることができたので、今後の就活に活かしていきたいと思います。岩井さん、改めてありがとうございました。

> 株式会社mofmofのHPはこちら

(取材 撮影 編集 新居恭介 中裕貴)