「人を成長させる仕事」に挑戦するーーーマーケティングセールスの株式会社アプコグループ・河村さん

世界の28カ国でダイレクトマーケティング事業を展開するアプコグループ。そのグループカンパニーであるアプコグループジャパン株式会社。

今回はアプコグループジャパン渋谷支店で、若くしてマネージャーをされている河村さんにお話を伺った。


日本一のマーケティング会社へ


―――御社のビジョンについて教えてください。

国内最高のマーケティング会社を目指しております。

現在20歳なのですが、あと三年。

23歳までに5つのオフィスを展開、日本中に支店を拡大させ、「若い世代がここの能力や力を発揮する会社」へと成長させていきたいです。

―――とてもスケールの大きな目標ですね。

はい。アプコでいうマーケティングとは、昨日の成績を明日さらに大きくする、そのために何をするべきなのかということです。

私たちはご依頼をいただいた企業さんの商品を、一般の、あるいは法人のお客様へとセールスの営業をさせていただいています。

営業の手法として、お客様に直接お伺いした上で、心を込めて、お客様に商品の価値をお伝えします。お客様にしっかり納得していただいた上でご契約していただくというフェース・トゥ・フェースアプローチという営業の手法を私たちは採用しています。


他のセールスの企業さんの取り扱う商品と比べて私たちの取り扱う商品は、通信サービス、電気・ガス、スポーツ、チャリティなどで、お客様の継続的なシェアが必要になってきます。ですので他の企業さんのように、ただたくさんの人に商品を購入していただくことを第一に動くのではなく、もちろんそれも大切なのですが、本当にサービスを必要とされるお客様に絞って、そのお客様たちに「買ってよかった」「この人と喋ってよかった」と思っていただけるように営業しています。これが弊社の大きな売りの一つです。


アプコへ入られた理由


―――どのような経緯でアプコへ入られたのですか?

私がアプコに入社したのは、本当にご縁でした。

工業高校を卒業して上京して、私は現場監督の補佐の仕事をしていました。しかし、入社してすぐにこの仕事が自分にあってないと思うようになりました。

言われたことだけやって課された課題だけやるよりも、もっと自分で考えて、自分でアクションを起こすようなクリエイティブな仕事。自分の能力で昇進したい。自分を試したい。と思ったんです。

そんなことを考えていた時に、たまたま知り合った方がアプコの人でした。営業で使う、対話力、説得力、プレゼン力はどんな業界でも必要となるビジネススキルだと思いましたし、自分を伸ばすならぴったりのお仕事だと思い、入社を志望させて頂きました。

そこからは「自分が入社したらこんな風に役に立ちます」「20までに結果を出してマネージャーになってみせます」みたいに自分自身をプレゼンしてアプコへ売り出しました。

その努力の結果、アプコへ入社させてもらったんです。


人を育てることのやりがい


―――河村さんはマネージャーということで、営業の他にどのようなことをされていますか?

部下を育てることもメインに据えています。私は営業ができて、結果を出せるようになってマネージャーになったんですけど、自分ができるだけじゃ会社の利益としてはまだまだです。部下にもしっかり営業のコツなどを教えることで、部下の成長を会社への利益へと還元しています。

―――お仕事のどのようなところにやりがいを感じますか?

毎日新しい情報があること。毎日自分がアップデートされている気分になります。

部下の育成。新しい結果を出すのもすごくやりがいですね、それに部下との関係もフラットなので、僕自身常に客観視されていて、私自身毎日成長できます。

―――新しい基準とは?

部下一人一人の新記録です。新しい記録が出るとそれが基準になります。すると個人の意識とレベルが格段に上がるのです。新しい記録を常に追い続けることで成長につながります。

―――なるほど。マネージャーさんとなると色々忙しくて大変だと思うこと多いですか?

僕は忙しいって言葉の代わりに、エキサイティングという言葉を使います。

今私が大変なのは、自分の成長のために絶対に必要なこと、つまりエキサイティングなことなんだ、みたいな

―――すごいポジティブですね笑

よく言われます笑 毎日毎日が成長の場面と思いながら仕事しています。


野心のある人と一緒に働きたい


―――どんな人と一緒に働きたいですか?

自分に自信がある人、自信がないにも関わらず自分を試したい人、自分の未来にすごく期待を持っている人。つまりは野心がある人ですね。

「今の自分じゃ無理だし」と妥協してしまい、自分の成長を止めるのではなくて、まだまだ成長できる。という風にどんどん前進していく人が営業、アプコの仕事に向いていると思います。


自分を理解してからがスタート


―――就活生へ一言お願いします。

自分を認めて欲しいです。

就活で迷ったりする人は自信がない人が多いです。自信を持つにはまず自分を見つめて自分のできることとできないことを認めましょう。そこから自分に足らないこととか考えていけばいいんです。

それとAIや働き方改革などで、これからの若者は環境が変化していきながら就職になると思います。なので就活生や若い方にはこういう環境の変化に左右されないような、個として自分がいかに成長できるかを考えて欲しいです。

*****

営業は営業でも、色々な形態や手法があることがわかり、その営業の魅力や面白さも知ることができました。河村さん、ありがとうございました。

(取材・編集・撮影 新居恭介)

>アプコグループジャパン株式会社のHPはこちら